Now Loading...
SHOP

BLOG

新入庫車の展示前チェックについて

東京ショールーム

弊社では、仕入れ入庫した車両は、

全て足立区の弊社自社工場にて車両状態を隅々までチェックしております。

 

 

販売に際して、車の状態が詳しく分かっている為

営業側としても絶対的な安心感があります。

ご成約をいただいてご納車に至るまでに

どんな作業が必要か。

どの部品交換をおこなうか。

分かっているからです^^

 

「アトランティック認定中古車保証付き」として販売するうえで

約20年に渡る正規ディーラーを経ての長い経験と知識を持っている

弊社ならではの「安心感」を付けて販売します。

 

 

今回、新入庫した V12ヴァンキッシュS も、

メカニックが丁寧に丁寧に、且つ、サクサクと車両状態の確認をおこなって

「アトランティック物」という、ある意味「ブランド」にするべく

必要となる交換部品などのピックアップや整備が必要な箇所をチェックしています。

 

 

 

中古車は、一般的に走行距離の短い個体が重宝されがちですが、

長期間、乗らなかった個体程、リスキーだったりします。

ずっと同じ箇所にテンションがかかりっぱなしだったベルト類・・・

張り付いたブレーキパッド・・

エンジンオイルも重力に比例して・・

タイヤも然り、フラットスポットが出来てしまったり・・

人間に例えるなら、それなりの頻度で適度な運動をしていた身体は体調も崩しにくいのと同じで、

中古車も、経過期間に応じたそれなりの走行歴と定期的なメンテナンス歴が

その個体の状態の良し悪しを左右したりします。

 

 

 

高年式で、低走行距離が良しという概念にとらわれずに、

低年式車でも、キチンと整備、点検をおこなって

気持ちよく、

心配な事は払拭して、

これからのカーライフを夢を持ってスタートさせる。

という事が大事なのかなと思います^^。

 

 

 

 

BACK