Now Loading...
SHOP

BLOG

大人の渋みな装いのDB9Volante 新入庫です

東京ショールーム

 

AstonMartinのボディーカラーといえばシルバー系が多いのは

映画007での劇中車のイメージが強いからですね。

そんな中、「他の人とは一味違う仕様にしたい」という事で

2005年当時、弊社がAstonMartinの正規輸入元及び正規販売店だった時に

新規オーダーをいただき、

ご納車をした個体となります。

ボディーカラー呼称は「リキッドゴールドメタリック」

 

 

 

 

新車でご納車以降、約15年間、

12ヶ月点検、車検整備、全て弊社でメンテナンスをおこなってきた

車歴の明確なお車となりますね♪

 

 

 

 

 

 

フルオーダーのインテリアは

チェストナットタンとサドルタンのコンビレザーに

ステッチカラーはチェストナットタンとなります。

ポイントは、バンブーフェイシアとバンブーのマッチングドアトリムですね♪

正直、ピアノブラックやカーボンが多い中、

ジェントルで大人な仕様なこの個体に似合う、相当にお洒落なマッチングです。

 

 

 

 

 

 

秋から冬にかけてオープンカーの需要は若干低くなりますが

オープンカーの醍醐味はこの時期にこそあります♪

シートヒーターをONにしてのオープンエアは、

ヒンヤリした風を顔で感じながらの爽快感は抜群に気持ちよいのです。

 

 

 

オープンカーのカーライフを経験した事が無ければ

絶対に経験しておくべきです(笑)

 

6L自然吸気V12気筒のアストンマーティンエンジンが奏でる魅惑サウンドを

オープンエアで味わうのも粋な人生だと思います♪

 

 

かくいう僕も

かれこれ15年以上、3台のオープンカーを乗り継いでいます(笑)

オープンカーの魅力を知ってしまった今は

もうオープンカー以外は考えられない感覚です(笑)

オープン万歳~~♪♪

 

BACK